こどもちゃれんじのエデュトイとは|親の想像を超えた子供の一面を発見するアイテム | 誰にでもわかる!赤ちゃん大好き

こどもちゃれんじのエデュトイとは|親の想像を超えた子供の一面を発見するアイテム

こどもちゃれんじを購読すると、隔月で送られて来るおもちゃをエデュトイと言います。これもまたDVD同様に賛否両論ありますね。

購読をしていない人からすると
・おもちゃが増えるのが鬱陶しい
・余計なものを増やしたくない
・親が片付けるのが下手だから困る

このようにモノが増えることに対して、あまり良い印象を持たれていません。

果たして実際のところはどうなのでしょうか。今回もまた私の実体験を元にエデュトイについてお話しましょう。
スポンサードリンク

置き場が無くなるほど物が増えるのは本当


エデュトイは隔月で送られて来るのですが、問答無用で送られてくるので、どんどん増えていきます。やがて置く場所がなくなるほどにです。


我が家では事前に子供用品置き場をリビングの一角に用意していたのですが、図書館から借りてきた本や、もともと買ってあるおもちゃ。さらに加えてこどもちゃれんじの本にエデュトイが重なって、ついに置き場がなくなってしまいました。


仕方ないので、溢れた物は押入れにしまいつつローテーションさせていたのですがそれでもかなり厳しい状態でした。


うちのママはマメに片付けをする方なので何とかやっていますが、ちょっと手抜きなママだと大変なことになるのは間違いありません。

片づけ用の袋や箱も付いてくるけど


一応エデュトイには片づけ用の、ビニール袋や箱が付いてきます。


後片付けは大切な躾のひとつなので、できるだけ子供一人に片付けさせます。だけど、袋や箱が超ギリギリサイズなので、結構片づけの難易度が高いです。大人でも「どうやって袋に収めようか」とちょっと考えるくらいなので、子供一人で行うとブロックなどが袋から溢れます。


ビニール袋はかなり頑丈で、ギュウギュウ詰めにしても破れることはないのですが、もう少し余裕を持たせてほしいというのが正直な感想ですね。

エデュトイのいいところ


置き場が無くなるほど物があふれる。片づけ用の袋が小さいなど困ったところが有るわけですが、それを補って余りある長所があります。


やっぱりエデュトイって子供の月齢に合わせて一番興味をひくものが送られてくるわけですから、食いつきは凄くいいです。逆に時々全く興味を持たない時もありますが、ほとんどの場合は、冊子の次号の予告ページを見てとても楽しみにしています。


今回は「コロコロプリンター」というカーボン紙を用いたおもちゃの印刷機が届きました。数カ月前からずっと心待ちにしていて、いざ届いたら狂ったように印刷しまくってましたよ。


夢中になって遊ぶ子供の姿は本当に可愛らしいです。

親の想像を超えるエデュトイ


うちの子は男の子です。もちろんトミカやプラレールが大好き。だけどエデュトイのドーナツ屋さんセットやキッチンセットで、おままごとをするのも大好きなんです。1人でドーナツ屋さんを開店して遊んでいたりします。


正直「エデュトイならではだよなぁ」だと心の底から感心しています。なぜなら私は子供に「ドーナツ屋さんセット」を買い与えようなんて夢にも思わないからです。


女の子ならまだしも、男の子におままごとのおもちゃなんて発想は出て来ません。でもエデュトイだとそれが現実のものになって、実際に滅茶苦茶気に入って遊んでるんですよね。


男の子は「アンパンマン→プラレール→トミカ→戦隊物」こういうふうに興味が移っていくものだとばかり考えていました。親自らが子供の可能性を狭めようとしていたんですね。


うちの子はお店屋さんごっこがかなり大好きなようです。色々な子供の一面を見せてくれるエデュトイ恐るべしです。

まとめ


こどもちゃれんじのエデュトイは、どんどん増えていって置き場がピンチになるけど、
それだけ子供の可能性を見せてくれるものだと感じています。


親がおもちゃを選択すると、好みや先入観が入ってしまいます。
そのため親の想像の範囲以上のことを子供が行うチャンスを、失ってしまうかも知れません。


子供の可能性を伸ばすきっかけを得る。こんなことを考えると間違いなく支払うお金以上の価値はありますね。

スポンサードリンク




関連記事

コメント一覧

自己紹介

こんにちは。まったりパパ&ママです。

不妊治療の末高齢出産し、ついに子供を授かりました。 しかし喜んだのもつかの間、悪夢のような体験をするのです。

そう。あなたを恐怖のどん底に陥れる「モロー反射」「背中スイッチ」の発動。

本当に苦しみました。こんな生活がこれからずっと続くのかと思うと目先が真っ暗になりました。
だけど、必死に勉強し乗り切ることができたのです。
私たち夫婦がどのように赤ちゃんの寝かしつけをマスターしたのか。 体験談を交えながら自己紹介をしていますのでご確認ください。
↓  ↓
自己紹介

新着記事

カテゴリ

人気特集

リンク