パナソニックNP-TR6の生々しい感想|食洗機10年でどれだけ進化した? | 誰にでもわかる!赤ちゃん大好き

パナソニックNP-TR6の生々しい感想|食洗機10年でどれだけ進化した?

11年間大活躍した食洗機Pnasonic NP-40SX2が壊れてしまい、
2台めとしてPanasonic NP-TR6が我が家にやってきて2週間ほどたちました。


同じメーカーの食洗機ですが、やはり昔のものとは少し違う印象を受けています。
というわけで今日は、食洗機が10年の間にどう変化したのか。実際に感じた部分について感想をまとめます。


水の量が減ったとかECOだなんて、メーカーの宣伝みたいなものではなくて、もっとリアリティーのある感想です。

スポンサードリンク

洗える食器の量の変化


新旧食洗機の大きさはあまり変わらないのですが、内部は大きく変わっていました。
なんと洗える食器の数が増えているのです。この進化が一番衝撃を与えました。


その差は1日の使用回数に現れています。

旧機種

朝:1回
昼:1回
夕:1回
夜:2回
合計:5回

新機種NP-TR6だとこうなります。

朝:1回
昼:1回
夜:2回
合計:4回

確実に1回分洗う回数が減っているのです。これには驚きです。
その最大の秘密は右上にあります。

パナソニックNP-TR6右上には食器が置けません


パナソニックNP-TR6右上にコップが置けます


新機種NP-TR6には右上にコップを置く専用の場所が付いています。
実際に使ってみると4つしか置けないのですが、コップは意外と場所をとるためかなり助かる工夫ですね。

右下が窮屈になった


右上にコップを置く場所ができたため、右下の大皿を入れるゾーンがだいぶ窮屈な感じになりました。それでも普段使っている大皿は今まで通りセットできるので支障はありません。


ただ出し入れするときに「ガツガツ」と引っかかる時があるのがちょっと嫌ですね。
まぁ下のトレイを引き出せば良いのですが、今まで使ってきた食洗機には大分高さに余裕があっただけに、ちょっとストレスを感じます。

左上にも水の出るところがついた


実は旧機種は下に2つ水が出る羽が付いており、上の段の食器は下の食器を通過してきた水で洗う仕組みになっていました。
だから下の段に大きな丼等を置くと、上に水が当たりづらくなっていたんですよね。


その問題を解消すべく左上の段専用の水が出る羽が追加になっていました。

パナソニックNP-TR6左上からも水が出ます。


左下は茶碗やコップなどを置くスペースなので、高さが必要ないから意外と窮屈さを感じません。なかなか良い工夫ですね。


総合的に見ると


全体的に無駄なスペースを潰して洗える食器の数を増やしたイメージです。
旧機種と比べて遊びの空間がないので、大きな食器やお箸をセットするときは、下のトレイを引き出す必要があります。
一手間増えた感じですが、それで1回分減るのなら仕方ないかなといった所です。


音が静かになった


パナソニックNP-TR6私は食事をしながら溜まったビデオを片付けていくため、食事中は食洗機を一時停止していました。

「ザッパザッパ」と音がうるさくてテレビの音が聞こえないんですよね。


それがNP-TR6になったらあまり気にならなくなりました。
そのため食事中でも食洗機を停止する必要がなくなりました。


これは格段の進歩ですね!
ごめんなさい嘘書いてたようです。
正確に書くと、静かな時もあるけど、めちゃくちゃうるさい時もありました。
音については今も昔も変わらずうるさいのが結論です。


様々な機能が付きました


パナソニックNP-TR6旧機種からですが食洗機には、汚れの強さや食器の量、洗う目的に合わせて様々なコースが選べるようになっています。

新機種NP-TR6ではミストで殺菌なんて機能も付いています。で、これらの機能使い心地の変化ですが、


実は、今まで1度も特別な機能を使ったことがないのでわかりません!!
つまり、我が家では11年間「電源ON」と「スタート・一時停止」のボタンしか押したことがないのです。


なぜかというと、それだけで十分だから(笑)


要は食器が洗えればいいのだから、小難しい機能を使い分ける必要なんて無いのです。
NP-TR6ご自慢の「調理器具コース」も「エコナビ」も全部無視。好きにしてていいよ状態です。


デフォルトの機能を当たり前のようにそのまま使う。
これだけで食器が綺麗に現れるのだから全然問題はありません。


余計な機能は全部取り外して、もっと定価を下げればもっと普及しそうですね。

乾燥機能が必要ない


パナソニックNP-TR6NP-TR6では食器を洗い終わると自動で乾燥機能が動き始めます。私はこの乾燥機能必要のないものと認識しております。



なぜなら、洗い終わったら即蓋を開けてしまうのが、一番手っ取り早く食器を乾燥できるからです。



これなら電気代も0でフタを開けるときに換気扇を回せば結露の予防にもなります。


そのため、旧機種では乾燥機能は自動で動作しないように設定して使っていました。
でもNP-TR6ではその設定ができないようです。
(見つけられていないだけかも知りませんが)

※旧機種同様に乾燥機能はOFFにできることがわかりました。

はっきりいって、乾燥機能のお陰で終了までに時間が掛かるし、必要のない電気代を使わされるし、食器が完全に乾燥するわけではないし、邪魔なだけです。


庫内の機械を乾燥させてカビが発生しないようにしているとか、別の目的があっての機能なのでしょうか?あまり必要性を感じない乾燥機能がOFFに出来ないのはちょと謎ですね。


まとめ


パナソニックNP-TR6今日のお話をまとめると。

・食洗機を買い換えた感想は、なんといっても洗える食器の数が増えたこと。
・でもその分窮屈になりました。
・騒音はだいぶ落ち着いています。
・相変わらず機能満載ですが全く使いません。
食器乾燥機能はいらないです。(旧機種同様OFFにできます)


こんなところです。


なんだかんだ言っても良い点が非常に多い生活費需品です。
次は洗う時間が短縮して欲しいなぁなんて考えています。


あと、故障しませんように・・・・。

→我が家が買った食洗機NP-TR6のレビューはこちら

スポンサードリンク




関連記事

コメント一覧

はじめまして たお

購入を検討しているものです。
大変参考になりました!
乾燥機の切り替えですが、乾燥機ボタンを何度か押し続けることで、洗浄だけにすることが可能だと、直接パナソニックの窓口で聞きました。
私は使っていないのでわからないのですが^^;

突然失礼しました。

2013/07/24 Wed 19:27 | URL

Re: はじめまして ezbaby

こんばんは。

貴重な情報有り難うございます!

さっそく乾燥機能をOFFにする機能をうちのママに確認したら、
「OFFにする方法知ってるよ」と、
いつの間にか乾燥機能を使わないで使っていました。

どうやら私だけ知らなかったようです(笑)
記事直しておきますね。

2013/07/24 Wed 21:18 | URL

自己紹介

こんにちは。まったりパパ&ママです。

不妊治療の末高齢出産し、ついに子供を授かりました。 しかし喜んだのもつかの間、悪夢のような体験をするのです。

そう。あなたを恐怖のどん底に陥れる「モロー反射」「背中スイッチ」の発動。

本当に苦しみました。こんな生活がこれからずっと続くのかと思うと目先が真っ暗になりました。
だけど、必死に勉強し乗り切ることができたのです。
私たち夫婦がどのように赤ちゃんの寝かしつけをマスターしたのか。 体験談を交えながら自己紹介をしていますのでご確認ください。
↓  ↓
自己紹介

新着記事

カテゴリ

人気特集

リンク