口コミよりわかるパナソニックNP-TR6|幼稚園児がいる家庭での食洗機活用法 | 誰にでもわかる!赤ちゃん大好き

口コミよりわかるパナソニックNP-TR6|幼稚園児がいる家庭での食洗機活用法

我が家では必須家電の食洗機Panasonic NP-40SX2が動かなくなってしまいました。
11年間毎日休まず働いてくれました。
お陰で我が家では冷蔵庫、電子レンジと同格の必須家電となっております。


さて巷では、まだまだ普及されていない食洗機ですが、
我が家ではどのような活躍をしてどのようなメリットを与えてくれているのか
これからレポートしたいと思います。


「手で洗ったほうが早いでしょ?」
なんて言ってるそこのアナタ。私の記事を読んだら
きっと食洗機が欲しくなりますよ~。
スポンサードリンク

大活躍した食洗機の最後


panasonic食洗機11年使い続けて引退となった我が家の食洗機です。周りわさびてボロボロ。カルシウム分もベッタリ凝り固まっています。


我が家の食洗機は過去2回修理を行なっています。修理代は1回に付き1万数千円。
そしてつい先日3回めの故障がやって来ました。給水ができなくなったのです。


普段は「開始」ボタンを押すと「ぶーーーん」とモーター音がして、水を勢い良く吸い込むのですが、今回は「ぶーーーん」のモーター音しかしません。何時まで経っても水が流れる音がしないのです。


「あぁついに壊れたかぁ」と私たち夫婦はがっくり来ました。
最近水漏れや、サビが激しく崩壊寸前だったのをだましだまし使ってきたのですが、
もはや買い替えをするしかありませぬ。


食洗機こんなふうに扉の横が錆びまくっています。水がぽたぽたと漏れます。

修理に来た人曰く食洗機の弱点だそうで、錆びやすくて痛むと水漏れが始まるそうです。だからここに水滴がついたら直ぐに拭き取りましょう。



食洗機操作パネルのサビが凄いです。変な汁が天面板に溜まっています。(笑)

拭いても拭いても汁が垂れてくるので放置状態です。


↑見た感じだけでも満身創痍です。これ以上の続投は無理ですよね。


Panasonicの食洗機のメリット


食洗機があって一番メリットを感じる点はなんといっても
「時間と心に余裕ができる」です。


でも、そう言われてもピンときませんよね。
だから今から時間帯ごとにどのように活用しているか具体的に説明しますね。

朝のメリット


パナソニックNP-TR6食洗機は忙しい朝にいきなり真価を発揮します。

我が家は夫婦+三歳児(幼稚園の年少さん)の3人家族です。
幼稚園は歩いて10分かからないところにあります。
だからバスではなく、ママと子供が一緒に幼稚園まで登園します。


子供を幼稚園へ送った後、近所のコンビニに寄ったり、スーパーで買物をしてから帰宅するのですが、家に帰ってくると朝食後の食器が洗い終わっています。


どういうことかというと、
家から幼稚園に向かう前に食洗機をスタートさせているのです。
家に帰ってくると食器が綺麗に洗われているのですよ。めちゃくちゃ便利です。


逆に、食洗機がなかっらどうでしょうか?

朝食後に
・子供の歯磨き
・自分の歯磨き
・自分のメイク
・自分の着替え
・子供のトイレ
・お着替え
・靴下履き
・カバンの用意

朝の限られた時間にこれだけのことをしなければなりません。
子供が自分で用意出来れば楽でしょうが、三歳児では無理。


着替えさせるにしても、じっとしてないで、ぐにゃぐにゃしたり、余計なことをしたりと、ありえないほど時間がかかります。この状態で食器を洗う時間はありますか?
無いでしょう?


結局どうなるかというと登園させ帰宅した後に、
溜まった食器を見てうんざりしながら洗い始めないといけないのです。


食洗機を使う場合は食器をセットするのにわずか数分で済むのです。

昼のメリット


パナソニックNP-TR6我が家ではパパが自営でお家でお仕事をしているので、お昼に手を抜けません。というかお昼が一番手が込んでるかもしれません。それだけに洗い物が多いです。

でも食洗機があるので昼食後にまったりとした時間が楽しめます。


昼食後のひとときを過ごしていると14:00が近づいてきます。
幼稚園へお迎えの時間です。


ママは家を出る直前に食洗機をスタートさせます。
ついでにお風呂のスイッチもONです。


幼稚園では園庭で子どもたちが迎えに来てくれたママと一緒に遊んでいます。


もちろん我が子もお砂場で遊ぶのが大好きなので、しっかりと遊んでから帰ります。
なので、ママも子供も砂まみれ。家に帰ってきたら直ぐに二人でお風呂に直行です。



お風呂から出て髪を乾かしさっぱりした後、食洗機が全部洗ってくれたコップで野菜ジュースを飲んでリフレッシュ。


しかし


もし食洗機がなかったらどうでしょう。


お風呂上りのちょっと気だるい感じも、
さっぱりとした気持ちも楽しむことはできませんよね。


お昼に使った食器にうんざりしながら洗い物をするしか無いのです。

夜のメリット


パナソニックNP-TR6夕飯時は子供の食器が増えるのと、おやつ等の食器がちょっとずつ出てくるため、結構な量の洗い物が溜まっています。


我が家では夜は2回食洗機を使用します。


1回目は夕飯を食べ終えて20:00に子供を寝かせた後。
2回目は1回めが終わったらです。


忙しいのは1回目の時で、食洗機を使用しつつ、

・生ゴミの片付け
・書類の整理
・郵便物の整理
・パパにお茶を出す
・新聞を読む
・図書館で借りた本を読む

こんなことをしています。

1回めの食器洗いが終わり食器が冷えたら2回め開始ですが、
この時点では1日の作業は終わっているのでそのまま寝てしまっても大丈夫です。


他にもあるメリット


食洗機のメリットはまだ他にもあります。
実際に使ったものにしかわからないメリットの中でも、強烈なものを2つあげます。

食洗機は食器棚代わりになる


パナソニックNP-TR62回続けて食洗機を使わない限り、食洗機は食器棚代わりになります。
なぜなら、水切りカゴと違って常に乾燥していて清潔だからです。



食洗機は熱いお湯で洗うため、洗い終わった直後の食器はかなり熱くなっています。
なので食器についた水滴がすごい勢いで蒸発していきます。
もちろん庫内の水分も蒸発するので、しばらく放置するとカラカラに乾燥します。


つまり、自然と乾燥した清潔な状態が保たれるようになるため、わざわざ食器を拭いて棚に片付ける必要がないのです。


ビシャビシャな水切りカゴではこうは行きませんよね。放置しておくと水分がヌルヌルしてカビが生えます。


必要に応じて食洗機から食器を取り出して使うことができるので、洗い物が溜まってから棚に片付ければいいのです。しかもこの時点で食器は完全に乾いているから拭く必要が無いという素敵なオマケ付き。

パパが勝手に洗い始める


パナソニックNP-TR6食洗機を導入するとパパに面白い感覚が生まれます。

それは、食洗機の中が空っぽなのに洗い物があると、思わずセットせずにはいられなくなる感覚です。


つまり、ママが食洗機を使うのを忘れていると、
パパが勝手に食器を洗い始めるのです。


実際に私がこの感覚を持っていて、食洗機が空いているのに、洗い物が溜まっていると思わず食器を詰め込みたくなります。


そしてこの気持ちは、私特有のものかと考えていたのですが、そうでもないようです。
なんと他所様のパパも同じ感覚を抱く時があるのです。


「食洗機のメリットとしてパパが手伝ってくれる」
という報告が某所に実際にありました。


「機械を効率良く使いたい」という男性の心理が刺激されるのかもしれませんね。


ちなみに、この気持は手洗いだったら絶対にわきません。
男性は食器を洗うのが大嫌いなのです。また奇跡的に洗ったとしても洗剤を大量に消費する洗い方をすることでしょう。


パパはやたらと強火で炒めものをするのと同様に、
やたらと洗剤をスポンジに付けたがるのです。


まとめ


パナソニックNP-TR6いかがでしたでしょうか。これが幼稚園児を持つ3人家族が受けている食器洗い機からの恩恵です。



・出かけるときに食器洗い機を使うこと。
・食器洗い機を使ってる間の時間を有効活用すること。

この2つが最も重要なポイントです。

自分の代わりに機械が食器を洗ってくれるといメリットを最大限に生かせば、生活に幅をもたせられるようになります。特に昼間、子供との触れ合いの時間が持てるようになるのが良いですね。


メーカーなどは水道代が浮くだのECOだのをアピールしますが、幼稚園児がいる家庭でのメリットを強調したほうが、心に刺さるんじゃないかなぁなんて感じます。


しっかりと我が家の生活に密着していたため、新しい食洗機が到着するまでの1週間がどれだけ憂鬱だったか。思い出すのもおぞましいです。


食洗機は一度使いこなすと本当に手放せなくなりますよ!

→我が家が買った食洗機NP-TR6のレビューはこちら

スポンサードリンク




関連記事

コメント一覧

自己紹介

こんにちは。まったりパパ&ママです。

不妊治療の末高齢出産し、ついに子供を授かりました。 しかし喜んだのもつかの間、悪夢のような体験をするのです。

そう。あなたを恐怖のどん底に陥れる「モロー反射」「背中スイッチ」の発動。

本当に苦しみました。こんな生活がこれからずっと続くのかと思うと目先が真っ暗になりました。
だけど、必死に勉強し乗り切ることができたのです。
私たち夫婦がどのように赤ちゃんの寝かしつけをマスターしたのか。 体験談を交えながら自己紹介をしていますのでご確認ください。
↓  ↓
自己紹介

新着記事

カテゴリ

人気特集

リンク