赤ちゃんのネンネの為にしてはいけない2つのポイント | 誰にでもわかる!赤ちゃん大好き

赤ちゃんのネンネの為にしてはいけない2つのポイント

ネンネが上手な赤ちゃんは、数年後「おやすみなさい」の一言で素直に寝る子供へと成長します。
そのためには、赤ちゃんの食事のリズムを崩さない事が大切だと前回の記事で伝えましたよね。

今回はこのリズム(=赤ちゃんの生活リズム)を守った生活がどれだけ重要なことなのかをお話します。
スポンサードリンク

赤ちゃんの生活リズム



まだ子供を持ったことの無いママだったら、赤ちゃんって1日中寝ているイメージがありますよね。

大体、生後0ヶ月だと約16時間~20時間程眠っています。
それが1ヶ月、2ヶ月と、時がたつにつれて睡眠時間は短くなっていき、4ヶ月で約12時間程になります。

昼と夜の区別は産まれたての頃はまったくありませんが、3ヶ月ほどで自然と区別が付いてきます。
それに合わせてネンネのリズムも整い、昼起きて夜長く寝るようになります。

一般的には上のように言われていますが実際は…ぜんぜん違うと感じるかもしれません。
そもそも自然にネンネが出来るようになるのであれば、これほどまでに沢山のママが悩む事は無いでしょう。

赤ちゃんは夜寝ない

現実はこうではないでしょうか?
確かに昼と夜の区別は3ヶ月ほどで付いては来ますが、生活のリズムが整っていないためほぼ一日中泣いて起きている。
夜になると元気になる。

赤ちゃんの生活リズムってミルクとネンネしかない単純なものなのですが、きちんとコツを抑えて育児をしないと、あっという間に生活のリズムが狂って親子共々大変な目に合うことになります。

親自身が赤ちゃんが昼起きて夜眠る生活リズムを意識し、生後3ヶ月を迎える必要があるのです。勝手に夜長時間眠るようになるわけではありません。

ココで生活リズムを整えておかないと、生後4ヶ月、9ヶ月頃にやってくる夜泣きが大変なものになってしまいます。

リズムを狂わす要因


赤ちゃんが寝てくれない悩み

  • 赤ちゃんが望んだときにたっぷりとミルクを飲ませてあげましょう。

  • 赤ちゃんを沢山抱っこして愛情を注いであげましょう。


よく見かける育児のポイントですよね。コレこそが世のママを負のスパイラルに貶める諸悪の根源です。

どういうことか、よく見かける悩みの例を元に説明します。

赤ちゃんが泣いて寝てくれません。
一緒に横になって添え乳をしてあげると寝てくれますが、1時間ほどでまた泣き始めます。
お腹がすいたのかと思い、抱っこして授乳していると寝てしまいます。
お布団に寝かせるとすぐ泣き始めるので、添え乳で寝かしつけます。
1時間毎に泣くのでヘトヘトです。

泣き止まない赤ちゃん

通常月齢の低い赤ちゃんが泣くのは「眠い時」か「お腹がすいた時」ぐらいですよね。
でも赤ちゃんの要求に合わせて授乳していると、なぜ泣いているのかが分からなくなりませんか?

逆にスケジュール通りに授乳していたらどうでしょうか。お腹がすいて泣いているのかすぐに判断付きますよね。
悩めるママはこれがわからないから、後手後手になって場当たり的な対応になっているのです。

特に問題なのが「添え乳」です。即効性があるため頼りがちですが、今後1年以上毎晩添え乳をし続ける覚悟が必要です。安易に頼るとズルズルと生活リズムが崩れていくはめになるので要注意!添え乳を推奨するのはネットの掲示板ぐらいではないでしょうか。


赤ちゃんの訴えが理解できれば、簡単に今すべきことが見えてきますよね。

逆に月齢の低い時点で理解できないと、今後「不快」「寂しい」「遊びたい」などの複雑な感情も組み合わさるようになったときに、手の施しようがなくなります。

このことから赤ちゃんの生活リズムを守ることがいかに重要であるかが理解して頂けたと思います。

次回はもう一つの要因である『抱っこ』についてお話ししたいと思います。
抱っこには2種類あるんですよ。さてそれはなんでしょうか。

スポンサードリンク




関連記事

コメント一覧

4ヶ月になるんですが みっぴー

4ヶ月になる息子がいるのですが、今、この記事読んで知りました。
今から実践しても遅いでしょうか?
確かに1時間毎に起きるし、寝かせる為に母乳を飲ませるのもどうかと悩んでいたところでした

2013/10/30 Wed 22:25 | URL

Re: 4ヶ月になるんですが ezbaby

こんにちは。
4ヶ月ならもう遅いということはないと思います。
ただし、おくるみはもう使えないでしょう。

赤ちゃんお気に入りの入眠儀式が、授乳になってしまっているので
いきなり変えようとすると、相当抵抗されるはずです。

まずは朝7:00に必ずカーテンを開けて起こす。
お昼寝の時間を減らす。
お風呂は18:00には入る。
こういったところから、徐々に始めてみてはいかがでしょうか。

2013/11/03 Sun 16:55 | URL

自己紹介

こんにちは。まったりパパ&ママです。

不妊治療の末高齢出産し、ついに子供を授かりました。 しかし喜んだのもつかの間、悪夢のような体験をするのです。

そう。あなたを恐怖のどん底に陥れる「モロー反射」「背中スイッチ」の発動。

本当に苦しみました。こんな生活がこれからずっと続くのかと思うと目先が真っ暗になりました。
だけど、必死に勉強し乗り切ることができたのです。
私たち夫婦がどのように赤ちゃんの寝かしつけをマスターしたのか。 体験談を交えながら自己紹介をしていますのでご確認ください。
↓  ↓
自己紹介

新着記事

カテゴリ

人気特集

リンク