デロンギオイルヒーターって本当に暖かいの? | 誰にでもわかる!赤ちゃん大好き

デロンギオイルヒーターって本当に暖かいの?

我が家では赤ちゃんが産まれた年に、
デロンギのオイルヒーターを購入しました。


それから3年経ちますが、今年の冬ももちろん使用します。
これ無しでは冬は怖いです。


というわけで、


実際に我が家がどのような環境で
どのようにしてデロンギを使用しているのか、
参考までに書いてみますね。



スポンサードリンク

購入理由


まず
なぜオイルヒーターを購入したかですが、


赤ちゃんがネンネする寝室に
設置する暖房器具が欲しかったからです。



当時私は関東地方にある公団の
鉄筋コンクリート製の団地に住んでいました。


部屋は2LDKで、南にリビングと洋間が一つ。
北側に7畳ほどの寝室が一つあります。


赤ちゃんが産まれる前は
北側の寝室は全く使用せずに
常にリビングに布団を2つ置いて
リビングで寝ていました。


なぜかというと


北側の部屋は日が入らないので非常に寒くて冷えるからです。


何度か北側の部屋で寝ようとしたことがあるのですが、
夜顔が冷たくて眠れません。


しかし


夏に赤ちゃんが産まれて、
北側の寝室を使う事になったため
冬も寝室を使わなければなりません。


寒すぎて全く使うことの無かった寝室。
もちろん何の対策もしなければ
赤ちゃんが冷えて大変なことになってしまいます。


寝室にはエアコンは取り付けてあるのですが、
一晩中エアコンで暖を取るのは絶対に避けたかったので、
デロンギのオイルヒーターを選択したのでした。


デロンギの効果



デロンギで滅茶苦茶寒かった寝室が
本当に暖まったのかと言うと、


間違いなく暖まります。
暖房効果はかなりあります。



また、


私が手に入れたデロンギは
15分単位で電源のON-OFFを無制限に細かく設定することが可能です。


だから生活パターンに合わせて電気を無駄にすることの無いように
調整しながら使う事が出来ました。


深夜に部屋をやたらと暖めても電気代がムダになるだけなので
毎日微調整をしながら、必要最低限の電力消費だけで
効果的に部屋を暖めました。


そのおかげで、冬の寝室が寒くて眠れない!
ということは一切なくなりました。


一つ欠点があるとすれば
部屋が暖まるまでに時間がかかるという点があります。


ただ、


これも15分間隔でON-OFFできるタイマーがあるので、
赤ちゃんのスケジュールに合わせて
タイマーセットすればいいだけなので全く問題にはなりません。


前回の冬はエアコンでバーッと部屋を暖めてから
デロンギに交代する使い方をしていたのですが、
この使用方法だと本当に暖房機器の特徴を生かせるので
ストレスなく部屋が暖まります。


まとめ



デロンギオイルヒーターは
安物の電気ヒーターとは違って、
本当に部屋が暖かくなる暖房器具です。


輻射熱で部屋全体を、
優しくほんわかと温めるので
赤ちゃんの寝室には最高の選択となります。


欠点は温まるまでに時間がかかる事。


しかし


タイマー調整をしたり、
立ち上がり時だけエアコンを併用すれば
いくらでもカバー可能なので問題になりません。


我が家では欠かせない必需品となり
毎冬大活躍しています。


寝室がほんのりと暖かいと
本当に気分よく眠れますね。


逆に


寝室に暖房器具無しは
想像するだけも怖いです。


なぜなら


子供は寒かろうが暑かろうが、
夜中に布団を蹴飛ばして寝ているからです。



だから


夜中に何度も布団をかけなおすのだけど
部屋が暖かければ、
風邪をひく確率は小さくなりますが、


部屋が寒ければ
朝起きた時に子供が咳をしている
可能性が非常に高くなりますよね。


すると


ママに風邪うつります。
次にパパに風邪がうつります。
このように負の連鎖が始まってしまうのです。


外で仕事をしているパパが風邪をひく事は
何としてでも避けたいところ。


だから我が家の冬にはデロンギが必須なのです。

スポンサードリンク




関連記事

コメント一覧

自己紹介

こんにちは。まったりパパ&ママです。

不妊治療の末高齢出産し、ついに子供を授かりました。 しかし喜んだのもつかの間、悪夢のような体験をするのです。

そう。あなたを恐怖のどん底に陥れる「モロー反射」「背中スイッチ」の発動。

本当に苦しみました。こんな生活がこれからずっと続くのかと思うと目先が真っ暗になりました。
だけど、必死に勉強し乗り切ることができたのです。
私たち夫婦がどのように赤ちゃんの寝かしつけをマスターしたのか。 体験談を交えながら自己紹介をしていますのでご確認ください。
↓  ↓
自己紹介

新着記事

カテゴリ

人気特集

リンク