寝かしつけのコツは赤ちゃんが産まれる前に学ぶ | 誰にでもわかる!赤ちゃん大好き

寝かしつけのコツは赤ちゃんが産まれる前に学ぶ

眠らない赤ちゃんに育て上げるのは誰でも簡単に出来ますよね。
ではその逆はどうでしょうか?非常に難しいものだと思いますか?
実はコツを知ってさえいれば、大抵はすやすや寝てくれるかわいい赤ちゃんになってくれます。

ではそのコツというのは一体何でしょうか。気になりますよね。
スポンサードリンク

我が家でも実践しました


赤ちゃんの眠り

ちなみにこれから話すコツは私がすべて自分の子供に実践してきたもので効果は抜群です。
特にこれから初めて子供を持つママは出産前に絶対に見てくださいね。

さて、いつまでもじらしていては、悩めるママが寝不足で倒れてしまうので、これから赤ちゃんがよく寝てくれるようになるためのコツを段階を踏みながらお話しますね。



いつから始めるか


時計

寝かしつけのコツを実践するにもタイミングというものがあります。
これは赤ちゃんが産まれてから早ければ早いほどいいです。病院内ではいろいろあるでしょうから、赤ちゃんがお家にやってきた日から実践するのが最善ですね。

病院から赤ちゃんと一緒になつかしの我が家へ到着したら、これからはママであるあなたが赤ちゃんの面倒を見ます。もう親切にしてくれていた看護師さんはいないのです。
パパはお仕事でお家にはいません。じいちゃんばあちゃんも当てにはならないでしょう。

昼も夜も寝るまもなく赤ちゃんのお世話をするママには、もはやネットを見ている時間はどこにもありません。
子育てってホント戦いですよ。特に初めての赤ちゃんだとまったくもって余裕が無いです。
だから何度も言いますが、今時間があるうちに記事を読んでコツを掴んでくださいね。

そう。もうすでに赤ちゃんの寝かしつけ作戦は発動しているのです。

スポンサードリンク




関連記事

コメント一覧

自己紹介

こんにちは。まったりパパ&ママです。

不妊治療の末高齢出産し、ついに子供を授かりました。 しかし喜んだのもつかの間、悪夢のような体験をするのです。

そう。あなたを恐怖のどん底に陥れる「モロー反射」「背中スイッチ」の発動。

本当に苦しみました。こんな生活がこれからずっと続くのかと思うと目先が真っ暗になりました。
だけど、必死に勉強し乗り切ることができたのです。
私たち夫婦がどのように赤ちゃんの寝かしつけをマスターしたのか。 体験談を交えながら自己紹介をしていますのでご確認ください。
↓  ↓
自己紹介

新着記事

カテゴリ

人気特集

リンク