RSウィルスに感染し重症化|生後半年の赤ちゃんが入院した時の話 | 誰にでもわかる!赤ちゃん大好き

RSウィルスに感染し重症化|生後半年の赤ちゃんが入院した時の話

知り合いの生後半年の赤ちゃんがRSウィルスに感染。重症化し入院しました。

RSウィルスは主に0歳~1歳児がかかる風邪のようなものです。2歳までにほぼ100%の子供が感染しますが、たいていは軽症で何事も無くやり過ごせるようです。

しかし油断は禁物です。ここでは実際に子供が入院した時の貴重な体験談を紹介します。

スポンサードリンク

乳幼児は特に注意 RSウィルスは重症化すると入院も


我が子が生後半年の時に、RSウィルスに感染し、一週間入院をしました。風邪かと思って受診しましたが、まさか入院する事になる程だとは想像もしていませんでした。

風邪の症状が出始める


子どもの予防接種の為に病院へ行った、数日後に私に風邪の症状が表れ始めました。一般的な風邪の症状である、鼻水や咳といったものです。特に熱などはなく、授乳をしていた事もあり、薬などを飲まずに安静にするようにしていました。

その後、子どもにも同じような風邪の症状が表れました。私と同じく、鼻水と咳、少し微熱もあるようでしたので、病院へ行く事に。

同じ部屋で過ごし、密着する時間も多かったので、風邪を移してしまったのだろうと思いました。

病院でも風邪と診断


10月でしたが、病院は既に混み合っていました。少し待ってから呼ばれ、いつもと同じように診察を受け、風邪薬を貰って帰宅しました。

帰宅後にも、子どもはいつもどうり元気もあり、寝がえりをしたりして遊んでいます。貰った薬を飲ませ、すぐに回復するだろうと安心をしていました。

翌日再受診


風邪だと診断された翌日、明らかに咳が増え、胸がゼイゼイしている様子でした。前日に病院にも行っているし、問題ないだろうと楽観視していた私に、夫が再受診を勧めてきました。

乳幼児を連れて病院へ行くのは手間も掛かり、また、病院が混雑しているので大変です。私自身も風邪を引いていたせいもあり、非常に面倒に思いながらも、念のため、再受診をする事にしました。後に考えると、この時に受診していて、本当に良かったと思います。

乳幼児を連れて病院へ行くのは大変ですが、気になる事があれば、必ず受診する事が大切だと学びました。

あっという間に入院が決定


再受診をした際には、前日とは違う医師でした。胸の音を聞きRSウィルスが流行しているので、検査をしてみましょうと言われ、驚きました。

検査は、インフルエンザと同じように、鼻から棒を入れ、鼻汁からの検査でした。少し待たされた後に、RSウィルスに感染している事を聞きました。胸が苦しそうな事と、乳幼児は重症化する危険があるので、入院をした方が良いと勧められ、すぐに入院が決定。まさか入院する事になるとは思っていなかったので、非常に戸惑いました。

授乳の必要があるので、私も同伴での入院となります。何の準備もないままでしたので、看護師さんに子どもを預け、入院グッズを準備しに一度帰宅。こんな日に限って、夫は資格試験で連絡を取る事が出来ず、とても不安で泣きたくなりました。

どんどん元気がなくなる子ども


入院してからは、検査が続きます。レントゲンを撮る際には、動けないように台に固定されて大泣きしていました。小さな腕には、点滴が刺さり、とても可哀想になりました。

寝がえりをグルグルとしながら遊ぶのが大好きな時期でしたが、入院してからはほとんど動きません。笑顔を見せる事もなく、ぼんやりとしていました。酸素の値を図ると、数値が低いようで、呼吸が苦しいせいもあったのかもしれません。

付き添いの間の生活


もちろん私は、自由に外出出来る訳ではありませんので、食事は病院で支給されます。食事代については、実費で一食400円程度でした。退院時に清算します。

シャワーも借りる事が出来ますので、子どもが寝ているときに風呂に入る事が出来ました。子どもも、熱が下がり始めると、看護師さんが風呂に入れてくれます。

具合が悪いので、昼寝の時間も長く、就寝時間も早めです。子どもが寝てしまうと、とにかく時間が有り余り、ひたすら本を読んで過ごしていました。また、行動が制限されているストレスから、夫にも度々八つ当たりをする事も多くありました。

退院決定まで


熱が下がり少し元気になっても、呼吸の酸素濃度の数値が安定しないと退院する事は出来ません。中々数値が安定せずに、退院までは、約一週間掛かりました。

相変わらず元気がないようで心配でしたが、医院長の進めもあり退院する事になりました。会計を終わらせ、次回の予約を取り退院です。

驚いたことに、自宅は戻ると子どもは、すっかり元気を取り戻り、笑顔も見せてくれます。腕に残る点滴のあざが痛々しいものの、久しぶりに元気な姿を見て、心からほっとしました。やはり、自宅ではない場所で、いつもとは違う様子だったのかもしれません。

RSウィルスを経験してのまとめ


詳細は今になっては解りませんが、最初に私が引いた風邪からRSウィルスに感染したのかもしれない可能性もあります。もしかすると、予防接種に行った時に感染したのかもしれません。原因はなんにせよ、マスクなどの予防が難しい乳幼児は、感染する確率が高いものです。

病院へ行かない、外出しないなんて事は不可能ですので、いつもと違う様子が見られたら早めに受診をする事が大切です。特に、子どもはしょっちゅう風邪を引くものなので、また風邪だとうと思い込んでしまう事が危険です。

私も前日に病院を受診したという安心感から、再び受診をするのを面倒だと思いました。あの時、夫に受診を勧められなければ、病院へ行くのは数日遅れたでしょう。思い込みをせず、きちんと受診する大切さを知りました。

スポンサードリンク




関連記事

自己紹介

こんにちは。まったりパパ&ママです。

不妊治療の末高齢出産し、ついに子供を授かりました。 しかし喜んだのもつかの間、悪夢のような体験をするのです。

そう。あなたを恐怖のどん底に陥れる「モロー反射」「背中スイッチ」の発動。

本当に苦しみました。こんな生活がこれからずっと続くのかと思うと目先が真っ暗になりました。
だけど、必死に勉強し乗り切ることができたのです。
私たち夫婦がどのように赤ちゃんの寝かしつけをマスターしたのか。 体験談を交えながら自己紹介をしていますのでご確認ください。
↓  ↓
自己紹介

新着記事

カテゴリ

人気特集

リンク