あなたは大丈夫?子供がらみの恐ろしい自転車の乗り方 | 誰にでもわかる!赤ちゃん大好き

あなたは大丈夫?子供がらみの恐ろしい自転車の乗り方

自転車ってほんとうに便利ですよね。

・幼稚園への子供の送り迎え。
・近所のスーパーへの買い物
・駅までの足

どこでもスイスイ走れます。

私もママチャリに乗りますが、趣味のスポーツ自転車にも乗っています。スポーツ自転車はスピードが速く車道を走るため、交通ルールや安全運転にはかなり敏感になるものです。

そんな視点から見ると「危ない乗り方だよなぁ」って感じるケースが多々あります。スポーツ自転車じゃないですよ?ママチャリがです。

普段乗り慣れている自転車の何が危ないというのでしょうか?
スポンサードリンク

こんな乗り方はNG



逆走


最も多く見かけて、最も危険なのが逆走です。

逆走とは車道の右側を走るというもの。歩道のない住宅街の裏道なども含まれますよ。

自転車は歩行者の延長という感覚があるようで、右側通行、左側通行なんて意識できる人は殆どいないようですが、「自転車で逆走する人は命のいらない人」と思えるくらい危険な行為。

ときどき「逆走のほうが自動車が正面から来るのがわかって安全」という命知らずがいますがとんでもない!

自動車からすると、自転車の速度+自動車の速度で自転車が近づくわけです。さらに路駐があったら最悪です。いきなり車の陰から自転車が現れて、自分の方に突っ込んでくるわけですから。事故が起きないほうがおかしい。

子供のヘルメット無し


子供を幼稚園に送るために、二人乗り三人乗りをする。よく見かける光景です。

でもヘルメットをしていない子供って多いですよね。正直「子供のことなんてどうでも良い親なんだな」と感じてしまいます。

・別に法律で決まってるわけじゃないし。
・子供が嫌がるし。
・朝は忙しいの!

色々理由はあるでしょうけど、自転車は簡単に転ぶもの。子供はどうなるでしょうか?間違いなく頭からアスファルトに叩きつけられますね。大切な子供の命にかかわることです。泣こうが喚こうがヘルメットは絶対必要です。


信号無視


「赤信号だけどクルマがいないからいいか」
「赤信号だけど左折だからいいか」
「赤信号だけどT字路だからいいか」

こんなひとりよがりな感覚で、当然の顔をしながら、歩行者の間をすり抜ける自転車がいます。信号無視をして事故を起こしたら完全に加害者です。相手が自動車で自分が大怪我をしたとしてもです。


子供と並走


幼稚園児ぐらいだと補助輪を外して乗れる子もいますよね。

パパ、ママと一緒に公園まで自転車で散歩を楽しむなんて出来そうです。

でも幼稚園児が車道や歩道を走るのはとても危険です。子供が自転車をこぐ姿を見てください。必死にペダルを漕いでいませんか?よたよたしていませんか?

つい先日このような光景を見ました。

信号は無いけど、車がちょっと飛ばして走るような住宅街の十字路での出来事です。停止線はありますが横断歩道はありません。

親子4人が自転車で十字路に向かって走ってきました。先頭は小学生低学年ぐらいの女の子。パパママは後ろです。

女の子が十字路に差し掛かった時、後ろから1台自動車がやって来ました。

女の子は周りを確認せずに右折をはじめました。後ろから自動車がやってきているのにです。パパとママが慌てて後ろから声をかけました。女の子はビックリして地面に足をつきました。そして自動車が来ている方向を確認もせず、地面を足で蹴りながら、慌てた様子で強引に右折したのです。

幸いにも自動車は止まるようなスピードで走っていたので、ぶつかりはしませんでした。でも、自動車が危険を予知して徐行していなかったら間違いなく轢かれていたはずです。

いざという時の子供の対応力なんてこんなものです。危険がすぐそばに及んでいるのに気がつかない。気づかせてもらっても適切な対応はできない。そばにいたパパママは、自動車にハネられる寸前の子供を目の当たりにしても、声をかけることしか出来ない。

ようやく自転車に乗れるようになった我が子と、サイクリングが出来たらとても楽しいでしょう。でも、子供が小さいうちは車道、歩道は走らせてはいけませんね。万が一の時にとっさに子供を守れる位置をキープし続ける必要があります。

自転車は車両。ルールを守って


自転車って気軽で便利に使えるもの。

それ故に車両としてのルールが有ることを知らない人が多くいるように感じます。

最近自転車の事故による多額の賠償請求なんて話を多く聞きますよね。それって、子供に自転車の乗り方は教えても、自転車のルールを教えなかったツケが返ってきたのではないでしょうか?

幼稚園児が乗る自転車でも、よちよち歩きの赤ちゃんとぶつかれば大事故になります。

・逆走は厳禁。
・並走は違法。
・歩道は歩行者優先。ベルを鳴らしてどかすなんてもってのほか。違法ですよ。
・歩道を走るときは徐行。人が並んで歩いていたら降りて押す。
・信号は必ず守る。
・スピードの出やすい下りは特にゆっくり。
・ヘルメットをかぶる。
・自転車の保険は必ず入る。

子供に自転車の乗り方を教えるなら、自転車のしつけもしっかり行いたいですね。そして、躾けるためには自分自身が自転車のルールを守らなければなりませんね。

スポンサードリンク




関連記事

自己紹介

こんにちは。まったりパパ&ママです。

不妊治療の末高齢出産し、ついに子供を授かりました。 しかし喜んだのもつかの間、悪夢のような体験をするのです。

そう。あなたを恐怖のどん底に陥れる「モロー反射」「背中スイッチ」の発動。

本当に苦しみました。こんな生活がこれからずっと続くのかと思うと目先が真っ暗になりました。
だけど、必死に勉強し乗り切ることができたのです。
私たち夫婦がどのように赤ちゃんの寝かしつけをマスターしたのか。 体験談を交えながら自己紹介をしていますのでご確認ください。
↓  ↓
自己紹介

新着記事

カテゴリ

人気特集

リンク