ストライダーの危険性|年中の息子に自転車の練習をさせる際に気をつけたこと | 誰にでもわかる!赤ちゃん大好き

ストライダーの危険性|年中の息子に自転車の練習をさせる際に気をつけたこと

うちの子も補助輪無しで自転車に乗れるようになりました。

最初の頃はペダルを付けたままで練習をしました。しかし直ぐに転んでしまい数メートルも進むことが出来ません。

そこで、ペダルを外した自転車で連日特訓したのです。

世の中には「ストライダー」という、もともとペダルのない自転車があります。あれを真似てみたのです。

すねにクランクが当たるためアザが出来ましたが、なんとか乗れるようになりました。

「ストライダー無しでよく自転車に乗れるようになったね!?」

ママ友によく驚かれます。どうやら世の中では「自転車の練習=ストライダー」という風潮があるようです。

効率よく体のバランス感覚を覚えられるし、常に足で漕ぐのであまりスピードも出ず安全ですものね。

でもそのストライダーも一つ間違うととんでもない悲劇を巻き起こす可能性があるのです。子供が自転車に乗るようになって、非常に気をつけているポイントでも有ります。
スポンサードリンク

ストライーダで重症事故


日経新聞にストライダーが原因の事故が起きているとの記事が掲載されていました。

実はストライダーには致命的な欠点があります。それはブレーキがついていないのです。

ペダルが付いておらず、常に足でける動作が必要なため、スピードが出ません。直ぐに止まれるからなのでしょう。

だけど子供というものは、ちょっとハラハラするような遊びが大好きなものです。例えば公園のちょっと小高い坂道など。ストライダーで颯爽と下ったら壮快で楽しそうですよね。

でも、もし下っている最中に、小さなよちよち歩きの幼児が横切ったらどうなるでしょう?

正面からぶつかったら・・・・。幼児は頭が大きいし、手で体を支えるなどといった芸当は無理です。間違いなく頭から地面に叩きつけられます。その先にあるものは・・・・。

ストライダーに乗る子供も運転技術は未熟そのもの。幼児を避けることなど出来ないでしょう。ぶつかってしまった瞬間すべてが終わってしまうのです。

絶対坂道で使ってはいけない


私の子供も公園で「坂道を下りたい」と言ってきたことが有ります。

親も一緒に走って下れば問題ないでしょうか?いいえ。そんなことはありません。間違いなく追いつけません。よしんば追いつけたとしても、急に幼児が飛び出してきた時に、どうやって子供の自転車を止めますか?

私は言いました。

「もし、ここを赤ちゃんが歩いてきたらどうする?止まれる?」
「バーン!ってぶつかったら、赤ちゃんどうなる?」
「だから絶対に、坂道で自転車に乗っちゃダメだよ。」

公園では小さい子供もいるから、絶対に坂道は走ってはいけないよと諭しました。

子供といえど自転車は早い


私は趣味でスポーツ自転車に乗っています。だから自転車の怖さをよく知っています。

人が歩く速度は時速5Kmです。でも自転車の場合ゆっくり漕いでも時速10Kmで進みます。

子供でも坂道を降ったら軽く10Km以上でます。大人が走って追いかけても追いつくのは困難なのです。

ましてやブレーキのないストライダーだったら、相当のスピードになるでしょう。もはや追いつけません。

ストライダーは子供の自転車の練習にはもってこいの道具です。

だけど使い方を誤ると、我が子や他所様の子を傷つけてしまう大変危険なものでも有ります。

使い方を誤らないよう。細心の注意を払いつつ活用したいですね。

スポンサードリンク




関連記事

自己紹介

こんにちは。まったりパパ&ママです。

不妊治療の末高齢出産し、ついに子供を授かりました。 しかし喜んだのもつかの間、悪夢のような体験をするのです。

そう。あなたを恐怖のどん底に陥れる「モロー反射」「背中スイッチ」の発動。

本当に苦しみました。こんな生活がこれからずっと続くのかと思うと目先が真っ暗になりました。
だけど、必死に勉強し乗り切ることができたのです。
私たち夫婦がどのように赤ちゃんの寝かしつけをマスターしたのか。 体験談を交えながら自己紹介をしていますのでご確認ください。
↓  ↓
自己紹介

新着記事

カテゴリ

人気特集

リンク