もう手放せない!スチーム加湿器を4ヶ月間24時間フルに使い倒した感想 | 誰にでもわかる!赤ちゃん大好き

もう手放せない!スチーム加湿器を4ヶ月間24時間フルに使い倒した感想

象印の超強力なスチーム式加湿器。EE-RH50を使い始めてから早4ヶ月経ちました。

風邪・インフルエンザの予防と、風邪を引いた時の、ノドの痛み軽減を目的として、毎日ほぼ24時間酷使しております。

我が家の必需品となったこの加湿器ですが、実際に使っていると、良い点だけではなく悪い点も見えてきます。

今日はそういったマイナスな情報も含めた本物の感想を書きます。
スポンサードリンク

音はどうなの?


スチーム式加湿器はお湯を沸騰させる時に音がします。そのため「寝室で使うときはどうなの?」って疑問に感じてしまいますよね。

もちろんこの加湿器も音がします。例えれば「ごーーーーーーーー!」というジェット機の着陸音のような音。

結構大きな音ですがリビングでの使用では全く気になりません。

問題は夜の寝室です。寝ているときは気にならないのですが、正直、寝入りバナにこの音は結構気になりますね。

ただし、ずっと音がし続けるわけではないので、2回めのゴーッという音を聞く前には寝てしまっています。その後は音で起きることはありません。

洗浄について


2ヶ月ほど連続で使い続けていた時の話です。

加湿器の「ごーーー!」という音がずっとなるようになりました。夜中も寝室に爆音が響き渡り続け、眠れない状態に。

原因は加湿器内部にたまったカルキでした。この加湿器は定期的にクエン酸洗浄をしてあげる必要があるのです。

クエン酸洗浄をしてみた


早速、クエン酸洗浄をしてみました。しかし規定のクエン酸量ではカルキ分は殆ど落ちませんでした。

「ゴリゴリこすってみれば落ちる」とのネットの情報にも従ってみたのですが、やはりダメ。さすがに2ヶ月も連続使用してこびりついたカルキには通用しないようです。

若干音は低くなったのですが、満足の行くものではありませんでした。

もう一度クエン酸洗浄をしてみた


一週間後もう一度クエン酸洗浄をしてみました。

この時は規定の倍の量のクエン酸を投入しました。

実は説明書には「メーカー指定のクエン酸を30g使用せよ」と書いてあり、「指示通りにしないと吹きこぼれる」といった注意書きがしてあるのです。

だけど、実際は別メーカのクエン酸でも大丈夫だったし、規定量では落ちないので、倍の量を投入してみました。

この作戦は当たったみたいで、加湿器のカルキが一気にとれて綺麗になりました。音も以前通りに落ち着きました。

洗浄は定期的に


今回は2ヶ月も放置していたのでこんな大変な目にあってしまいましたが、もうちょっとこまめに洗浄したほうが良さそうです。

クエン酸洗浄は大した手間ではないので、カルキが気になったらサクッとやったほうが吉ですね。

水の交換について


スチーム加湿器はお湯をわかすポットのようなもの。だから水を継ぎ足しすればいいように感じますよね。

だけどこれは大間違い。水はこまめに交換した方がいいです。

何故かと言うと、どんどん煮詰まっていくと、カルキが溜まりやすくなります。また加湿器内のお湯がかなり濁ってくるのです。

いくら清潔さが売りのスチーム式といえども、黒く濁った水を部屋の中にばら撒くのは気分が悪いです。

ある家庭からは「煮詰まったお湯のせいで家族全員が咳き込むようになった」という報告もあります。

「寝る前は必ず水を交換する」等、毎日の生活の節目で水を交換するルールにするといいですね。

水はどのくらい持つ?


加湿器は一晩中作動していてもらいたいものです。

寝室の暖房はデロンギを使用しているため、部屋の中がかなり乾燥します。すると加湿器の水のヘリ具合も多くなってしまいます。

最初の頃は、子供が寝る20:30に水を満杯にして使っていました。だけど、これでは朝方に止まってしまうのです。

そこで、今は大人が寝る0:00に水を満杯にするようにしています。これで一晩中、加湿器が止まらないようになりました。

結露はどんなもの?


加湿器といえばつきものなのが結露ですよね。

寒い日はエアコンやデロンギが大活躍します。すると猛烈に部屋が乾燥します。

それに対抗して加湿器も「ゴーゴー」言い始めるのです。ものすごい勢いで水がなくなっていきます。

この水が水蒸気となり空気中にばらまかれて部屋を潤すのですが、冷たい窓ガラスに当たると、一気に水に戻ります。それが結露。

その量は半端ないです。スポーツタオルで窓枠を吹くと普通に水が絞れます。こまめな換気と、結露取りは必須です。

カビの心配は?


結露といえばカビですよね。カビには細心の注意を払っていました。

それでも、カビが生えました。なんということでしょうか・・・!

こまめに結露を取り除いていたのですが、寝室のカーテンの裏側の壁の隅に黒かびが生えていました。

見つけた時はもう大ショック。

加湿器の湿気はカーテンの裏側にもつきます。なので束ねずになるべく広げたままにして、窓を開けて乾かしていたのが仇になりました。

カビは広げたカーテンの影に壁に隠れていたのです。

アルコールで拭き取りましたが、すでに色素が付いてしまっていたため、白い壁に黒いシミが残ってしまいました。

結露は窓ガラスだけではなく、壁にも発生します。ご注意を!

結論


強力な加湿性能ゆえに色々経験した加湿器ですが、実はもう1台欲しいと感じています。

なぜなら、パパの仕事部屋に専用で置きたいからです。

今は1台しかないため、

・午前中は仕事部屋。
・午後子供が帰ってきたらリビング。
・夜は寝室。

このように使いまわしています。仕事部屋と寝室が2階にあるため、いちいち持ち運びが面倒なのです。

象印のスチーム加湿器は本当に部屋を加湿してくれるスグレモノです。これほど酷使するとは思いませんでした。

風邪予防やノドの痛み対策に、本当に部屋を加湿できるスチーム式加湿器はおすすめですよ。

スポンサードリンク




関連記事

自己紹介

こんにちは。まったりパパ&ママです。

不妊治療の末高齢出産し、ついに子供を授かりました。 しかし喜んだのもつかの間、悪夢のような体験をするのです。

そう。あなたを恐怖のどん底に陥れる「モロー反射」「背中スイッチ」の発動。

本当に苦しみました。こんな生活がこれからずっと続くのかと思うと目先が真っ暗になりました。
だけど、必死に勉強し乗り切ることができたのです。
私たち夫婦がどのように赤ちゃんの寝かしつけをマスターしたのか。 体験談を交えながら自己紹介をしていますのでご確認ください。
↓  ↓
自己紹介

新着記事

カテゴリ

人気特集

リンク