デロンギ+象印スチーム式加湿器の恐怖|過去最高12月の電気代 | 誰にでもわかる!赤ちゃん大好き

デロンギ+象印スチーム式加湿器の恐怖|過去最高12月の電気代

「うげぇ!3万円超えたぁっ!」

夏は冷房。冬は暖房。ほとんど一年中エアコンを使っている我が家。多少の電気代は覚悟しているのですが、先月の電気代が過去最高を記録してびっくりしました。

電気代が高い理由はこの2つをフル稼働させていたから。

・暖房(エアコンとデロンギオイルヒーター)
・スチーム式加湿器

12月は4歳の子供が風邪を引いて熱を出して寝込んでいたため、普段よりも室温を高めにしていたため余計なおさら電気代が高くなったのです。

どのような使い方をすると電気代がどれだけになるのか、実例を上げながら紹介します。
スポンサードリンク

電気の使用状況


デロンギ、加湿器電気代
この写真をみてもらうと分かりますが、12月10日~1月9日までの使用料金が約32000円となっています。

どのような条件で電気を使用していたかというと次のとおりになります。

■エアコンを使う場所(ブレーカーが落ちるので1度に2部屋まで稼働)
・1階リビング(就寝時以外)
・2階寝室(就寝時のみ)
・2階パパの書斎(日中)

■デロンギを使う場所
・2階寝室(就寝時のみ)

■スチーム式加湿器(移動させて24時間フル稼働)
・1階リビング(就寝時以外)
・2階寝室(就寝時のみ)

■こたつ
・1階リビング(就寝時以外)

ちょっとでも油断すると「ゴホゴホ」咳をし始めるので、子供を冷やしたくないという考えがあります。なので、子供がいる部屋は常に暖かくして加湿する事が基本。

子供が起きている時はリビングでエアコンを使用する。子供が寝ている時は寝室でデロンギを使用するといった使い方がメインとなります。

ついでに言うとパパは2階のお部屋でお仕事をしているので、2箇所で同時にエアコンを使用することもあります。


去年との違い


デロンギ、加湿器電気代
去年と同じようなエアコンの使い方をしているのですが、電気の使用量は8%増加しています。この差はずばり「スチーム式加湿器」の有無です。

デロンギ、加湿器電気代
これは去年の同じ時期の電気代です。

差額を求めると31959円-26732円=5227円となります。

このことから分かるのは、象印のスチーム式加湿器を24時間1ヵ月フル稼働させると、1ヵ月あたり5千円強の電気代がかかるということです。

これからもっと冷え込むと


12月よりも1月、2月のほうが冷えます。同じ部屋の暖かさに設定しても、さらに部屋が乾燥します。

しかし、そのようなことをスチーム式加湿器は許しません。湿度60%を保つために、更にガンガンに部屋を加湿しようとするでしょう。

その証拠に最近、夜が明ける前に加湿器のお湯が無くなってしまうようになりました。その結果は来月の請求書に反映されてくるはずです。今から考えると恐ろしいです。

あなたのうちの冬の電気代はいかがでしょうか?せめて3万円内に収めたい所です。

スポンサードリンク




関連記事

自己紹介

こんにちは。まったりパパ&ママです。

不妊治療の末高齢出産し、ついに子供を授かりました。 しかし喜んだのもつかの間、悪夢のような体験をするのです。

そう。あなたを恐怖のどん底に陥れる「モロー反射」「背中スイッチ」の発動。

本当に苦しみました。こんな生活がこれからずっと続くのかと思うと目先が真っ暗になりました。
だけど、必死に勉強し乗り切ることができたのです。
私たち夫婦がどのように赤ちゃんの寝かしつけをマスターしたのか。 体験談を交えながら自己紹介をしていますのでご確認ください。
↓  ↓
自己紹介

新着記事

カテゴリ

人気特集

リンク