ペットボトルのラベルを赤ちゃんが誤飲?!思わぬ事故に注意! | 誰にでもわかる!赤ちゃん大好き

ペットボトルのラベルを赤ちゃんが誤飲?!思わぬ事故に注意!

赤ちゃんはペットボトルで遊ぶのが大好き。
ただ転がして遊ぶのも好きですし、空になったペットボトルを洗い、中にビーズや鈴などを入れて即席のマラカスを作って遊んだりすると、とっても喜んでくれます。

しかし、ペットボトルをそのまま赤ちゃんに手渡して遊ばせるのはNG!

ペットボトルのラベルによって、思わぬ窒息事故が起きているようです。



スポンサードリンク

赤ちゃんの大好きなベットボトル、でもラベルには注意!


消費者庁によると、赤ちゃんがペットボトルのラベルをかじっているうちに飲み込んでしまい、咳や吐き気、嘔吐といった症状が出たという報告が増えてきているとのことです。

実際に報告されたケースでは、赤ちゃんにおもちゃ代わりにペットボトルを持たせていたら、急に泣き出して咳き込んだり顔が赤くなったり、嘔吐した後があった。

確認したら、ペットボトルのラベルの一部がはがれてなくなっていた、というものがあります。

また、ラベルの一部が赤ちゃんの喉に引っかかり、むせて苦しそうに咳をしていたために救急車を呼ぶ事態になったケースも。

最近のペットボトルは、ラベルがはがしやすいように工夫されているため、小さな子供や赤ちゃんでも簡単にはがすことができます。

また、赤ちゃんは意外と噛む力が強いもの。

ちぎっても破れないようなペットボトルのラベルでも、噛み切ってしまうことがあるのです。

噛み切った小さな破片が喉に引っかかると、気道をふさいで窒息する可能性もあるため、大変危険です。


赤ちゃんにペットボトルを持たせる時は、必ずラベルをはがしましょう


赤ちゃんにおもちゃとしてペットボトルを持たせる時は、必ず事前にラベルをはがすようにしましょう。

さまざまなデザインのラベルは赤ちゃんの興味を引きますから、ついついそのまま渡してしまいがちですが、思わぬ事故を防ぐためにも、きちんと対策を取らなければなりません。

また、キャップもはずしてから渡すと安心ですが、色水を入れたり、マラカスのように中に細かいものを入れて遊ぶ場合は、赤ちゃんの力でキャップが取れないように、しっかりと固くしめるようにしましょう。


赤ちゃんは、ほんの一種に目を離したすきに、パパやママが思ってもみない行動をすることがあります。
できるだけ目を離さないことも大切ですね。


誤飲といえば遠い昔、私の弟が10円玉を飲み込んで病院に運ばれたことが有ります。

緊急性は無かったようですが、その後数日間、トイレの後のチェックが大変だったようです。
財布を何気なくテーブルの上に置いてる方は、赤ちゃんの手の届かない所に置きたいですね。

スポンサードリンク




関連記事

自己紹介

こんにちは。まったりパパ&ママです。

不妊治療の末高齢出産し、ついに子供を授かりました。 しかし喜んだのもつかの間、悪夢のような体験をするのです。

そう。あなたを恐怖のどん底に陥れる「モロー反射」「背中スイッチ」の発動。

本当に苦しみました。こんな生活がこれからずっと続くのかと思うと目先が真っ暗になりました。
だけど、必死に勉強し乗り切ることができたのです。
私たち夫婦がどのように赤ちゃんの寝かしつけをマスターしたのか。 体験談を交えながら自己紹介をしていますのでご確認ください。
↓  ↓
自己紹介

新着記事

カテゴリ

人気特集

リンク