子供の病気 | 誰にでもわかる!赤ちゃん大好き

子供の気管支炎予防法見つけた|今年の冬は熱を出さずに乗り切れそうかも!?

今年も風邪やインフルが流行り出す季節が来ました。

うちの子はすぐに気管支炎を起こします。去年は病状がなかなか収まらず、1ヶ月以上続けてゲホゲホ。とても可愛そうでたまりませんでした。

風邪予防のためありとあらゆる手をつくしましたが、それでも秋ごろから鼻水ズルズル。咳ゲホゲホ。

・デロンギ・・・温かいお部屋をキープ
・加湿器・・・常に湿度60%キープ
・吸入器・・・朝晩欠かさず
・マヌカハニー・・・のどを殺菌
・はちみつ大根・・・のどを殺菌
・アメ・・・のどの乾燥を防ぐ
・こまめな水分補給・・・のどの乾燥を防ぐ
・塩うがい・・・喉を清潔に
・外出時のマスク・・・余計な菌をもらわない
・ビタミンA・・・粘膜強化
・ビタミンC・・・かぜ対策
・ヤクルト・・・整腸

これらすべてがダメだったんですよね。

「もう打つ手はないのかなぁ」と頭を抱えていたのですが、探せばあるものです。大学病院で気管支炎持ちにあることを試したら、8割が発病しなくなったという夢の方法が。もちろん速攻で食いつきましたよ!

記事の続きを読む ≫

RSウィルスに感染し重症化|生後半年の赤ちゃんが入院した時の話

知り合いの生後半年の赤ちゃんがRSウィルスに感染。重症化し入院しました。

RSウィルスは主に0歳~1歳児がかかる風邪のようなものです。2歳までにほぼ100%の子供が感染しますが、たいていは軽症で何事も無くやり過ごせるようです。

しかし油断は禁物です。ここでは実際に子供が入院した時の貴重な体験談を紹介します。

記事の続きを読む ≫

原因不明の子供の熱|生きた心地のしなかった一週間

「プルルルルル」突然鳴り出す電話。

驚いた嫁が思わず「やだ。幼稚園からじゃないよね!?」と、慌てて電話を取りに向かった。

これは夫婦揃って遅い昼飯を食べようとした13時過ぎ頃の話です。

電話に出た嫁の会話を聞いていると、やはり幼稚園からのよう。こんな真っ昼間の電話なんて緊急事態しかありません。嫌な予感がしました。

「怪我でもしたのだろうか」「具合が悪くなったのだろうか。まさか熱中症・・・?」

思い起こせば今朝の子供の様子はちょっと変だった。なんとなく違和感を感じていた。熱はないようだけどいつもと違う雰囲気。何度もおでこを触り直した記憶が頭の中をぐるぐる駆け巡ります。

「午前中に1回、お昼を食べたあとにもう1回吐き戻しました。すぐ迎えに来て下さい」

幼稚園から迎えの要請なんて初めての経験です。電話を切ると私はすぐに子供を迎えに行きました。

「悪いことになってなければいいな・・・」そう願いながら自転車を走らせるのでした。

記事の続きを読む ≫

自己紹介

こんにちは。まったりパパ&ママです。

不妊治療の末高齢出産し、ついに子供を授かりました。 しかし喜んだのもつかの間、悪夢のような体験をするのです。

そう。あなたを恐怖のどん底に陥れる「モロー反射」「背中スイッチ」の発動。

本当に苦しみました。こんな生活がこれからずっと続くのかと思うと目先が真っ暗になりました。
だけど、必死に勉強し乗り切ることができたのです。
私たち夫婦がどのように赤ちゃんの寝かしつけをマスターしたのか。 体験談を交えながら自己紹介をしていますのでご確認ください。
↓  ↓
自己紹介

新着記事

カテゴリ

人気特集

リンク