赤ちゃんの寝かしつけ方法 | 誰にでもわかる!赤ちゃん大好き

「輸送反応」赤ちゃんを抱っこして歩くと泣き止む理由

赤ちゃんは抱っこが大好き。

そして、座って抱っこされているよりも、立って抱っこされたり、抱っこしたまま歩いたりされるのが大好きです。

泣いている赤ちゃんを泣き止ませる時、抱っこして少し揺らしたり、部屋の中を歩きまわったりした経験は、どのパパやママにもあるでしょう。

実はこれ「輸送反応」というもの。親が子供を抱いて運ぶことによって、哺乳類の赤ちゃんは体をリラックスさせているのです。


記事の続きを読む ≫

なぜ昼夜逆転する?生後3ヶ月になれば夜長く眠るようになるのウソ

今でも赤ちゃんの寝かしつけに関する育児書を時々読むのですが、共通して書かれていることが有ります。

それは、朝の光を浴びせてしっかりと目を覚まさせるということ。

朝なら何時でもいいわけではなくて、同じ時間に朝日を浴びせるのがポイントです。6:00~7:00ぐらいが理想でしょう。

これは生後まもなく。早いタイミングで実施したほうが、生活リズムが整えやすくなります。

誰にでも出来そうなものですが、意外と出来ずに悩むママもいるようです。

「毎朝7:00に赤ちゃんを起こす。」これが出来ないことが、後日どれほど大きな影響があるのか知っておくべきでしょう。

記事の続きを読む ≫

タグ/ 生後3ヵ月

私の赤ちゃんはおくるみでも寝ない|寝かしつけ方法を変えるヒント

おくるみでも寝付かない赤ちゃんも結構いるようですね。


赤ちゃんの寝かしつけで困っているママって本当に多いです。
その助けになればと考えて紹介したのが、うちの子にも絶大な効果のあったおくるみ。


その結果
「おくるみをしたら寝てくれた!」
という嬉しい声を聞くことが出来たのですが、


「やっぱりダメ」という残念な声もありました。


よっぽどのおくるみ嫌いの赤ちゃんでなければ、
新生児時代から慣れさせれば、素直に受け入れてくれるでしょう。


だけど


寝かしつけに苦労して、たまたま私のブログでおくるみを発見するような場合は、
既に別の寝かしつけパターンが出来ているのが殆どです。


その状態で、急に今までの寝かしつけを止めておくるみを始めても
突然の変化に赤ちゃんが納得しない可能性があります。



その結果おくるみを嫌って大泣きするのです。


それでも、なんとかおくるみで寝てくれるようになってほしい。
そう思われるママもいるでしょう。


そこで今回は寝かしつけ方を変える方法についてのヒントを紹介します。
もちろん万人に効果のある方法ではないことは承知しております。
でも、なにか1つだけでもあなたの助けになる情報があれば幸いです。

記事の続きを読む ≫

自己紹介

こんにちは。まったりパパ&ママです。

不妊治療の末高齢出産し、ついに子供を授かりました。 しかし喜んだのもつかの間、悪夢のような体験をするのです。

そう。あなたを恐怖のどん底に陥れる「モロー反射」「背中スイッチ」の発動。

本当に苦しみました。こんな生活がこれからずっと続くのかと思うと目先が真っ暗になりました。
だけど、必死に勉強し乗り切ることができたのです。
私たち夫婦がどのように赤ちゃんの寝かしつけをマスターしたのか。 体験談を交えながら自己紹介をしていますのでご確認ください。
↓  ↓
自己紹介

新着記事

カテゴリ

人気特集

リンク